マンゴー専門店(山城マンゴー)


マンゴーのご購入お問い合わせは、こちらから---->マンゴーshop沖縄(山城マンゴー)

赤いマンゴーの誕生秘話
まだウリミバエが根絶されてないころ約20年前の沖縄のマンゴーは
外国産(輸入マンゴー)のように真っ赤なマンゴーはありませんでした、
なぜなら、
果物は自分の重さで実が葉っぱの下にかくれるのが普通です。
その為、葉っぱの影になり、日があたるところは赤く、それ以外は
緑色、緑色の部分が完熟しても黄色でした。
しかし、20年前
ひもの先に針金をつけ、その用具でマンゴー果実を1個1個、葉っぱの
上に吊り上げて太陽の光が果実の全面にあたるようにしました。
 過去にスイカ栽培の経験があり、スイカの玉を180度、ころがし、果実
の裏面に太陽の光をあてて全面緑色に仕上げる作業工程がありました。
 その技術をマンゴーに応用し
果実を1個1個吊り上げる発想を思いつき全面を太陽の光で日焼けさせ
マンゴー全体を完全に赤く仕上げる作業を試しました、それが見事に
成功し真っ赤なマンゴーが誕生しました。
エピソード
当時、沖縄の市場には全面が真っ赤なマンゴーは少なく、箱に入った
すべてのマンゴーが確実に真っ赤なのが信じられず、化学処理をして
赤くしたなどのうわさもありました、が、市場関係者などの農場視察で
1個1個実吊りしたマンゴーを目にして出来上がったマンゴーの価値
を評価してもらいました。



マンゴーのご購入お問い合わせは、こちらから---->マンゴーshop沖縄(山城マンゴー)

協力サイト -->ショップ・沖縄